[ビルケンシュトック] クロッグ ボストン (幅狭) ビルコフロー - B01LYW41I1

  • モデル: B01LYW41I1
  • 974 在庫量

43,811円  10,798円
割引: 75%OFF

カートに入れる:

選択して下さい:



   Rated 4.71   reviews [157]

  • メイン素材: 合成皮革

  • ソール素材または裏地: EVA

  • 【素材】 アッパー:合成皮革  ライニング:天然皮革  アウトソール:EVA(合成樹脂)

  • 【カラー】 ブラッシュド ブラック

  • 【ご注意】こちらの商品は独特のブラッシュデザインが施されているため、色ムラやかすれがありますが不良品ではありませんので、ご了承ください。

  • 商品紹介

    「ビルケンシュトック」の定番クロッグサンダル「BOSTON(ボストン)」は、発売開始以来30年以上のロングセラーアイテム。
    こちらの「ボストン」はアッパーに合成皮革を使用したモデルです。
    中敷にクッションを内蔵してより弾力性を高めたソフトフットベッド仕様が足に優しくなじみ、快適な歩行をサポート。
    歩行時の体重移動を正しく行なうために、フラットな靴底を採用しています。

    春夏には素足で、秋冬には靴下やタイツとのコーディネートが楽しめてオールシーズン活躍します。
    トレンドにとらわれることなく長く愛用できるから一足は持っておきたい、「ビルケンシュトック」の定番人気サンダルです。

    ブランド紹介

    【 / ビルケンシュトック】
    ドイツで240年以上の歴史を持ち、快適性を重視したサンダルがメンズ・レディース共に人気を得ている老舗シューズブランド、「ビルケンシュトック」。
    1774年、教会の公文書に「臣王のシューマイスター」と登録された、ヨハン・アダム・ビルケンシュトックの靴作りが「ビルケンシュトック」の起源です。

    1896年、ヨハンの子孫であり同じくシューマイスターである、コンラッド・ビルケンシュトックが、フランクフルトに2軒の靴専門店をオープンし、フットベッドの製造を始めます。
    コンラッドの息子であり整形外科でもあったカールは父の仕事を手伝い、フットベッドの進化とその医学理論付けに大きく貢献しました。
    第一次大戦中、コンラッドはフランクフルトの野戦病院で、負傷兵のための整形外科靴の製作に従事します。
    それがきっかけとなり、まだ木製や金属製のフットベッドが常識だったその時代に、革新的なコルク×ラバー製のブルーフットベッドを開発しました。
    その靴は医学博士に認められ、やがて普及のための援助を受けるようになります。

    そして1963年、「ビルケンシュトック」のファーストモデルである「MADRID(マドリッド)」が誕生。
    1970年代に入ると、「BOSTON(ボストン)」や「ARIZONA(アリゾナ)」など、今や「ビルケンシュトック」の定番であるサンダルモデルも登場し、それから数十年に渡り多くの人々から人気を得て支持され続けることになります。
    この時期にコンピュータ制御の自動裁断機の導入や倉庫の建設などが進み、工場での生産性を高めて世界への進出も開始するようになっていきます。

    その後も次々と新しいデザインモデルや新素材の開発に着手するなど、「ビルケンシュトック」は積極的に靴事業を展開。
    また、1988年からは、環境保護の意識が高まり、有害な溶剤の入っていない接着剤を製造に使用するようになりました。
    2004年には、イギリス「Drapers Award」にて「ビルケンシュトック」のシューズが、「すべての年代、人種に適した、時間と場所を選ばないデザイン」として"Best Shoe of the Year"を受賞します。
    現代でもさらなる履き心地の向上に余念がなく、「ビルケンシュトック」の足跡はフットベッドにはじまり、これからの未来もなおフットベッドと共に歩み続けていきます。

    [ビルケンシュトック] クロッグ ボストン (幅狭) ビルコフロー - B01LYW41I1


    button-top.png